ちきんのひとりごと

某グループが好き。そのグループにありえないいちゃもんつける人たちが嫌い。でも直接言えないチキンなのでここでひとりごと。

興味持てよ、もっと

せっかくの舞台なのになぁ。

 

なぜこぞって彼アンチにいそしんでいるのか心から不思議です。

 

舞台は落選でした。

行きたかったなぁ。。。

 

ソロライブはお友達が当選してくれて行けることに!

楽しみです。

 

 

さて、そんなソロ期間真っただ中。

さぞかし喜んでいるかと思いきや彼一アンリー怒りすぎ。

イライラし過ぎ。

 

そういやちょっと前のバラエティーの件でも、片手負傷中の彼一に対して、

 

”ケガしてるのに!せっかくの休演日なのに!ひどい!かわいそう!いやがらせ!!!”

 

って。

 

いや、あんたたち彼に対して、膝がどうとか耳がどうとかプロとしてどうとか言ってたのはどうした。。。

 

忘れたの?

 

物忘れ?

 

 

激しすぎ???

 

彼一だってやりたかったから片手でもやってみたんでしょ。

そんな彼一かわいそうなの?

いじめられてるの?

それとも彼一はプロ意識ないの?

テレビで片手負傷してるって言わないほうがよかったの?

 

 

まったくもって何が違うのかわからん。

 

本気でわからん。

 

 

批判したいがためにアレコレ言って事実だ正論だといったのにも関わらず、似たような状況におかれたら今度は180度意見を変えるその潔さっぷりがゲスいですよ…!

 

 

 

 

 

 

 

過剰反応

自戒の意味をこめてもです。

彼らファンは多分普通の感覚を持った人より彼らについてのことに過剰に反応しすぎる傾向があります。

 

これには深い深い背景があってですね。

まぁ、アンリーと呼ばれる自称ファンの存在がいるからです。

 

このアンリーも、多分もとをただせば過剰反応からの産物だと思ってます。

一切擁護するつもりはありませんが。

 

本人たちも言ってましたが、二人組、ペアのものは比べられるのです。

 

 

彼が好き=彼一が嫌い

 

ではないのです。

 

彼一が好き=彼が嫌い

 

でもないのです。

 

二人が好き、でもどっちかっていったらこっちが好き。

 

なんですよね。

 

ライトなファンや何となくいいなと思ってみる方は、深く考えることなくどっちがいいのかぽろっと言うと思います。

本来、

 

へぇー、そうなんだー

 

で終わりにしていいレベルの会話です。

 

 

 

オレンジとりんごならオレンジのほうが好き

 

という方にくってかかって、

 

なんで!?オレンジなんてオレンジ色してて皮にぶつぶつあって、丸くて…!

 

と熱く反論するのが異質なのと同じくらい異質なんです。

りんご農家のみなさんでも言わないと思います。

 

 

ですがなぜか、二人組になったとたん、この問題は発生します。

どっちも好きで何が悪いのか。

ちょっと寄りがあって何が悪いのか。

 

いまだアンリー、そして二人至上主義の方々の気持ちはわからないでいます。

 

そして躍起になって一言物申す!な方々の気持ちもわからなくなっています。

 

アンリーに言及してるまでは理解できてました。

でも最近は、いやそれアンリーじゃなくてただの個人的感想…べつにけなされてるわけじゃないよ。。。というものにも文句を言っていたり、片方をちょっと褒めるとアンリー認定してみたり、、、正直ついていけません。

 

それ、下手したらアンリー街道まっしぐらだよ。

ミイラ取りがミイラだよ。。。

 

と思います。

 

 

すべては過剰反応。

もちろん、はいぃぃぃ!?というアンリーのつぶやきはありますので過剰反応でない場合も多いですよ。

 

でも、この一言物申す感じのやつは、けっこう過剰反応が多い。

 

私たちがモヤっても本人たちがOKしてるならオールOKなんですけどね、本来は。

 

個人的に、

彼に対して太ってる、老けた、彼一のほうがかっこいい的なコメント→個人の主観だから気にしない。

彼一に対して歌が下手、演技がイマイチ、彼のほうがかっこいい的なコメント→個人の主観だから気にしない。

彼らに対してどうせ某事務所だし、別に歌上手くない、こんな発言してた悲しい的なコメント→個人の主観だから気にしない。

 

この辺くらいは許容範囲です。

正直二人とも老けたけど、むしろちょっと老けなかったら困るし、いい感じに二人とも笑い皺とかできてて、あぁ一緒に年を重ねてきて笑ってるっていいなぁって思うので、私的に老けたというのはある意味誉め言葉…。

 

いい気分になれるわけではないけれど、まぁ好きなものは人それぞれ。

誰が何と言おうと私は好き。

と、一呼吸おいて思うようにしています。

ただしこれは一般の話。

 

アンリー、あんたたちはダメだ。

アンリーはこれを誹謗中傷として使う。

個人感想じゃない時点でアウト。

別に個人感想ならいいよ。

 

私、彼の顔ってどうしても受け付けないんだよねー。だから彼一は好きだけど彼は苦手。

 

って言われるなら私はいいと思う。

だって個人の好みは本能的なものだから。

 

でもアンリーは叩くために上記を並べ立て、それに比べて私の好きな人はっていう。

そして嫌いならば離れればいいのに、一生懸命追いかけて文句のネタを探す。

 

文章からでもなんとなく底意地の悪さってわかる。

多分みんな分かると思う。

 

 

だからアンリーはだめだ。

 

 

そんなわけで過剰反応な方を見ては、ちょっと切ない気持ちになる日々です。

 

 

事件について

こころがいたいですね。

 

久々のブログでこの話題をだすのもなんだかなと思いながらも、個人的に感じたことをかきます。

あくまでも記者会見やニュースから受けた情報のみで書いております。

賛否あると思います。

皆さんそれぞれ意見や思うところがあると思います。

なので私も私なりに感じたことを書いていくのでご了承ください。

 

 

私は彼らファンですが、もちろん農家Gも好きです。

 

正直、芸能人で

 

”この人嫌い!ムカつく!最低!!”

 

って人はいないです。

だって好みじゃなかったら見なきゃいいんですから。

見たい番組にたまたま出ていても別に気になりませんしね。

好きな人見てるほうが忙しいのでね。

 

 

というわけで、基本的に芸能人に対してあまり辛口な感情を抱くことがありません。

 

 

さて、今回の事件。

 

某元大統領夫人がブログを書いているのを拝見して、あぁ私もほぼほぼ同じ意見だなと思いました。

 

キスだけで。

 

まぁ確かに、相手の子は事件当時中学生だったとか。

キス、したことないかもしれませんよね。

そして夜に男性の家に行くことへの危機感。

これも中学生という事を考慮して、もしかしたら何の知識もなかったのかもしれません。

 

そんな知識のない中学生が夜に出かけると言って、はたしてその親はどう思ったのか。

 

どこにいくの?

こんな時間にでかけてはだめでしょ。

どうしてもならお母さんが一緒に行く。

 

私も同じ女児(まだ中学生ではありませんが)の母親として、もしこどもから外出を聞いていたらこう言うと思います。

 

こどもを守るのは親です。

 

抵抗できず事件に巻き込まれることも、悲しいことながらあります。

でも事前に情報があれば、親であれば、それが危険につながる可能性ぐらいわかります。

なにもないかもしれない。

でもなにかあるかもしれない。

なにかあるかもしれないというのが、ほんの数パーセントでも、わたしはなにかあるかもしれない方の対処法を取ると思います。

 

今回の事件の子が、親に言って出たのか、それとも言わずに出たのか、それは分りません。

言って出たのであれば親の責任です。

言わないで出たのであれば、それも親の責任です。

親に大事なことを言わずに出て行ってしまうような教育をしてしまった親のせいです。

 

今回の件、まず電話で話していて呼び出してしまった。

この部分では完全にあの方が悪いと思います。

そこは納得です。

あまりに浅はかだった。

呼んではいけないんです。

自分を守るためにも。

自分を守らなければいけないのは、別に相手の女の子だけではありません。

男だって、大人だって、自分を守らなければ。

 

ただ、あの方は独身です。

それにきっとその女の子に好意を持っていたのでしょう。

もちろん【未成年】という枠に入る相手に対してそういった気持ちをいだくという事に否定的な方も多いと思います。

でもここは感情の部分。

好意を持っている相手に電話で話して、そして誘ったら来てくれて。

あれ、もしかして相手も好意持ってくれてるのかな?

そういう気持ちを抱くのはごく自然。

年齢関係なしに感じるところだと思います。

今回はお酒の力も大きかったと思います。

お酒は感情のコントロールを不安定にさせるものでしょうからね、本来であればある理性や常識が不安定なものになってしまった。

そんな判断力が下がった状態でのこの事件。

 

私は彼一人を責める報道や一般からの意見にとても悲しさを感じました。

 

今回の件、責任や非を割り振るとすれば、あの方6女の子のご両親4女の子0だと思います。

芸能のお仕事をしていてもまだまだ未成熟な中学生、現在は高校生とのことですが、その女の子に非はないと思います。

芸能のお仕事をさせるならば、一般の女の子以上にまわりに潜む危険を教えてあげないと。

お母様からのコメントもでているようですが、100パーセントあの方の非であり許せないとの言葉に、違和感しかありませんでした。

自分のこどもに対する責任はないのか。

心に傷をおった娘に対して、きちんと教えてあげなかった自分の非を伝えたのか、謝罪したのか。

 

彼の行動の一部を擁護する人たちは、この女の子を非難している場合が多いようです。

分からなくもない。

相手が成人女性ならそうです。

でも今回は未成年。

多少の知識はあるとは思います。全くないなんてことは、多分実際はない。

でも実感はないはずです。

そんなのテレビやニュースだけの話と自分の世界とは違うところの話として認識していると思います。

中学生です。そりゃそうです。

 

だから私はこの女の子に非はないと思っています。

ただしきちんと反省はしたほうがいい。

夜に男の家に行ってはいけない。

行くという事は責任が取れる場合だけ。

もし親に言っていないのであれば、かならず言わなければいけない。

この女の子がこの先、特定されたり二次被害にあったりすることがない事を祈っています。

 

 

事件に関してはこう感じました。

 

ただこの事件をめぐってのある部分が本当にひどいとおもいました。

それは某テレビ局について。

この事件、当人同士で示談が済んで被害届も出された後に報道がでました。

第一報を報道した某テレビ局。

ルールにのっとって終結に向かった事件を大々的に報道。

これにより一人の人生が変わりました。ほぼ終わりました。

そして一人の若い女の子は自分が見つけられるかもしれない、これから先別の意味での被害を被るかもしれないという恐怖を植え付けられました。

 

これって本当にいいのかな。

一般人と違って芸能人はだれもが顔を知っていたり名前を知っていたり、もちろん芸能界で生きていく場合はとても誇りに思う部分だと思います。

しかしあの方は、一般社会に戻ることができません。

どこに行ってもみんな名前を知っている、みんな事件を知っている。

一般人ならば別の土地や別の環境で一からコツコツ始めることもできるでしょう。

でも彼にはその選択肢はもう残されていません。

一人の人生が、終わらされたといっても過言ではありません。

あの方だけではありません。

他のメンバーや周りの方々の生活にもものすごく影響しています。

 

この報道がなければ隠ぺいしたんでしょ、という方もいるのは分かります。

隠ぺいといえばとてもマイナスな言葉です。

ですが、あくまでも被害を被った側がそれを了承して示談で済ませた。

そこに周りの無関係の人間があーだこーだ言う必要はないはず。

女の子はもう忘れたかったかもしれない。

なのに世間が忘れさせてくれないんです。

知られなければ感じなかったつらい思いも必要以上に感じなければいけない。

げんに、女の子への批判も多くあります。

あの方はそんなこと望んでいたでしょうか。

女の子はそんなこと望んでいたんでしょうか。

 

なんだか昨日からの報道で、もう本当に心がいたい。

 

おなじ事務所のタレントだから、もしかしたらひいき目もあるかもしれません。

でもやっぱり、やりすぎじゃないかと思ってしまいます。

 

ただ、あの方がアルコール依存症で治療が必要なのは明らかです。

まずは依存症の治療に専念してほしいと思います。

アルコールにのめりこんでしまうというのは、ただ好きなだけではなくて、どこか繊細な部分があるからだとは思います。

 

今回の件で、思いつめたり衝動的な行動をしたりしないよう、周りの方がどうか支えてあげてほしい。

そのうえで治療をして、そして今回の事件を反省してもらいたいと思っています。

 

長くなった。

 

以上です。

 

 

 

 

 

まだ言うことあるんだ

 

アンリーちゃん、そろそろ瀕死かな?と思ってましたが、まだ頑張ってるそうですね。

 

最近はアンリーのツイートは直接見ずにアンリーへ苦言を呈している方のツイート見ることが多いです。

 

アンリーの言葉は体に良くないからね。

あまり摂取してはいけないのです。

どんなにメンタル最強でも10分見たら廃人みたいなメンタルになれる最強に胸糞悪いツイートをアンリーはしてます。

ホントどれだけ鋼のメンタル持ってたらその言葉書けるのって思うよ。

 

 

で、そんな対アンリーへのつぶやきを見ると、どうやら最近の音楽番組でも彼の態度がどうだとか彼一の態度がどうだとか。

 

 

もうさぁ、ネタないんでしょ?

ネタなさすぎて頑張ってひねり出したんでしょ?

そこに労力使うって意味がわからん。

 

 

まぁまとめると、彼はもっと楽しそうにやれだとか態度が悪い不機嫌な顔見た目がホームレス…とか。

 

見た目がホームレスはちょっと笑った。

他に言うことなかったんだねって感じ。

正直好みはわかれるとしても、アンリーはもう少しファッションに興味持ったほうがいいよ笑

 

アンリーって結構彼のファッションや見た目に文句言ってるけど、じゃあアンリーの好きなファッションてどんなのか知りたい…。

すごく知りたい。

ベルばら的なの着てほしいのかな?笑

そして彼女たち自身のコーディネートも見てみたい。

くそダサかったら笑っちゃう笑

 

まぁ、ファッションに関しての文句は鼻で笑う感じでした。

 

あとは態度が悪いとかの件について。

まぁアンリーは彼の病気を仮病扱いしてるからそうとしか思えないのだろうね。

それで結局一般の同じ病気を持ってる方を激しく傷つけてる。

でその一般の方々からドン引きされてる。

アホの極み…。

それをさぁ、彼一のアイコンでやるなよ。

 

自分の顔アイコンで堂々とどうぞ!

さぞかしおきれいでおしゃれなマダムなんだろうからさっ!

 

アンリーたちの中に、同じ病気患った人っていないのかな?

みんなこぞって仮病だなんだと文句言ってるようですが、同じ症状の方一人ぐらいいないの??

 

 

さて次。

彼一と4人組のゆーたちのハイタッチに文句言ってるアンリー。

彼がかわいそうって…。

モンペか!

 

結構普段からするじゃない、あんな感じのノリ。

いつもはそれを彼が微笑ましそうな笑顔で見てるじゃない。

いまは彼は歌うことに全神経を集中させなければ歌うことも難しいって、ファンなら知ってるよね?

どんな症状か体感できなくても、彼自身がそう言ってるじゃない。

あのとき、彼は私達に歌を届けるために全神経を集中させてたのよ。分かるかな、アンリー。

 

そんな彼をかわいそうって…。

じゃああそこで彼一に、彼にもハイタッチを求めてほしかったの?

 

あほか。

 

 

 

ほんとね、文句が言いたいというのが一番の目的だからもうブレっブレ。

アンリー、ブレっブレ。

 

好きだって気持ちすらブレっブレ。

 

 

 

 

 

好きなアイドルの結婚とは

 

別グループの話題にはなりますが、今ちょうど話題になってますね。

特別ファンというわけではありませんが、彼らとの思い出も多く、彼に至っては以前結婚するなんて言ってましたからね笑

あそこの3グループに対してはとてもとても好感をもっています。

 

さて、そんな6人組の末っ子が結婚。

結婚はおめでたいです。

 

本当にね。

 

でもやっぱり、

やっぱりちょっとしんみり。

 


末っ子でこれだからな。


私は彼らが結婚したらどうなるんだろうか。

 


いや、結婚してほしいと思ってるんですよ。
本当に。

幸せになってほしいと思ってます。

 

彼らももういい年…というかもういい年になりすぎた笑

そして自分だって結婚してるし、私は彼らに対してガチ恋愛じゃないんですよね。


そんな私でもね、たぶん大きなショックを受けるでしょう。

 

これ、本気の恋愛だったらもうホント切ないのレベルじゃないよなぁ。

 

これってかなり難しい感情だと思うんですけれど、多分、

 

結婚した彼らが今までと変わってしまうかもしれない
もしかしたら自分の彼を見る目が変わってしまうかもしれない

 

ということが怖いんだと思います。
少なくとも私は。

 


それを思うと、彼らの事務所の既婚者様方は本当にすばらしい。


結婚報告によってファンは当たり前ですがざわつきました。
かなりショックを受けました。

 

でもその後、彼らは絶対に既婚感を出さない。


これは本当に救われます。


また前と同じように彼らを見られるし、彼を好きでいられるから。

 


これは彼らと結婚した奥様も相当な神経を使うと思います。

芸能関係の方と結婚する方も多く、それぞれにSNSなどもしているでしょう。

 

そこで全くそんなそぶりを見せずにあくまでも一芸能人として振る舞うのって難しいと思うんですよね。

 


そういう意味で、既婚の先輩方は本当にファンのことを考えてくれてるんだなと感じます。

私はうっかりたまにちょまてよ!の先輩が既婚だって忘れますからね。


そのくらい、既婚感がありません。

 

結婚報告で離れるファンもいるとは思います。
それは仕方ない。
憧れの存在として事務所も売り出すわけですし、そういう目で見られていることは彼らも十分わかっている。

そんなファンの気持ちをすべて汲んでいたら絶対結婚はできません。


かれらも一人間。


私たちがしているように、結婚だって自由にしていいはず。

 

そうね、ファンはみんな分かってるんですよね、きっと。

リア恋のファンだって、自分といつか結婚できる確率なんてほぼないだろうって思っていると思いますよ。

 

頭ではわかっているのに、心はすぐに受け入れられないもんです。


まあ仕方ないですね。
こればっかりは。

すんなりおめでとう!といえる人も、ショックで泣いてしまう人も、ファンをやめてしまう人も、どれも間違いじゃない。

ただ暴言はだめよ。
たまにいるけど。


ショックすぎて言葉が悪くなる気持ちもわかる。
でもそれを出すのはよくない。自分の為にも。


納得いかないなら納得いかないで、いいんです。


時間がきっと解決してくれる。

 


あぁ、私はどうなるかな。

 

 

 

では、末っ子結婚についてちょっと。

 

末っ子とお相手は、まぁルール的にはフライングというような感じで交際が始まったという噂…なのかどうなのかはありますよね。


ここに対してものすごく怒ったり暴言はいている方をネットニュースで見ました。
おそらくファンクラブに入るほどの本気のファンではない方が多いのかな。

 

これに関しては、なんだろうな。


正直、日本は女性の不倫にやたら厳しいですよね。という印象。


もーむすちゃんも、元気なあの子も、今回のお相手さんも。

 


なんでなのかなーって思います。


不倫はダメなことというならば、男性であっても女性であっても同じように批判すればいいのに。。。
と私はいろいろな方の話題が出るたびに思います。


まだまだ男尊女卑というか、男は浮気や不倫ぐらいするよねてへぺろ的な感覚の人って多いのかなーと思いますね。


これは一般的にも報道の仕方にも。

 

 


で、今回の件、私はね。

正直、その当時の元旦那さんと今のお相手がきちんと納得して終わりにさせているなら周りが口を出すことじゃない。と思います。

 

不倫自体の印象はよくないものの、そこにまつわるトラブルやごちゃごちゃは当事者同士のもの。


私たち一視聴者があーだこーだ文句を言って、暴言はいて良い理由にはならない。

 


それで応援できないというのなら別に応援しなきゃいいんです。
出ているテレビを見たくないなら、見なきゃいいんです。


ネットが普及すると、自分の意見がいとも簡単にしかも匿名で言えるので、かるく暴言はいたり傷つける言い方する方が多く目に留まって、本当に悲しくなりますよ。

 

文章って、対面のコミュニケーションよりも難しいから、より気をつけなきゃいけないのになぁ。

 

なんてね、私もこんなところでアンリーたちに愚痴ってるんだから同じようなもんですな。

 


そんなわけで、私はたとえ始まりが不倫だったとしても、きちんと当事者同士でけじめつけてるならそこは問題ないと思っています。

それに、当時の不倫疑惑から多分もう5、6年たってるんですよね。

離婚直後に再婚!なんてことでもないですし、ちゃんと時間をとって結婚したということは、始まりでこそそうだったかもしれないけれど、今はきちんとした恋愛をしているということだと思います。

 

 

ただ一つだけ。


そう一つだけ。

 

 

 


イブはないわーーーーーーーー。

 

 


イブは、ないわーーーーー。。。

 

 

ファンはね、どんなに幸せを願っていても、好きな人の結婚には少なからずショックを受けるんですよ。


イブって世間的には本当に幸せなうきうきな日ですよね。
おとなもこどもも。


私はもう結婚してますので、若い方たちのようなきゃっきゃしたクリスマスではないのですが、でもこどももいますし、やっぱり楽しいですよね。

家族で外食したりさ、お家でこどもとケーキつくったりさ。


楽しい日なんです。いつになっても。

 


だからね、

 

 


やっぱイブはないわーーーーー。。。。

 


末っ子がどんな気持ちでイブを選択したのか、はたまた事務所は周りのアドバイスややり方に従ったのか、そこはわからないところですが

 


やっぱりイブはないわーーーー。


どうしてもないわーーーーーーー。

 

 

末っ子を責めたいとかそういう感じじゃなくて、もーーー!なんでそんな日選んだの!そこ違うでしょ!あかん日でしょ!まったくーーー!という感じ。

 

まぁたまに彼らに感じる感情と一緒?笑

 

彼らもね、ファンにとったら結構ぐっさりきたりヒヤヒヤしたりすること言うからね。笑

 

 


というわけで、どうかどうか、彼も彼一もイブに報告はしないでね!笑

 


まぁファンは非常にわがままな性格をしているため、あえて言いますと


彼一の誕生日と彼の誕生日、デビュー日、クリスマス、クリスマスイブは避けてほしいなぁというところです。

 


ま!

極端な話いつ言われてもショックは受けるんだけど、毎年思い出しにくい日にしてね!ってことですね。

 


あ、あとねもう一つ。

これは彼らどうこうというよりは、ファンや一般人たちについて。


結構こんなことがあると、


いままでさんざんお金かけてきたのにショック

とか

これからはどんなに貢いでも相手の奥さんに行くと思うとお金使いたくない

 

って、コメントしてる方がいるんです。


これ、普段から


もっと売っていいよ!お金ならだす!


とか好意的に使うファンの方もいるんですよね。

 

使ってる本人がそれを好意と思って、好意的に言っているのなら特にあえて批判するつもりはないんです。考え方は人それぞれ。

 

ただ、私は普段から彼らの出してくれるものに対して、貢いでいるとは思っていないし、彼らだったらなんでもお金出すっていうわけでもなく、やっぱり手元に置きたいから購入するし、また見たり聞いたりしたいから購入するんですよね。


確かにお金というものは動きますが、私はそこにあまり関心を持っていないというかなんというか。

 

真面目か!的な感じに思われるのかもしれませんが、私がお金を出したのはあくまでも商品のためであり、それによって彼らにお給料が支払われるのは別の話って感じです。


なので、初めて貢いだお金が別の女のところに…という文言をみたときに、

 


あぁ、そう思う人もいるんだ…!

 


とびっくりしました。

 

 

まぁね。もちろん私たちが買うことによって彼らの活動が盛んになり、結果彼らのためになるということは間違いではないのだけれど。

 

ま、そう思う方もいるんだなーとちょっとびっくりしたことがあるという話でした。

 

 

 

では最後に。


末っ子、彼より先に結婚しちゃったねぇ。
昔は一緒にすんで、こんなに似たやつはいない!なんて言われていたね。

お相手大事にしてね!
これからも変わらずにいるんだよ!

ご結婚おめでとう!!!

 

 

 

水を与えられたな…

 

 

せっかく彼らも彼らファンも楽しい気持ちでいたのに例の記事のせいでひどく不快になりました。

 

が、

 

 

うってかわってアンリーは喜んでるみたいですねー。

そうね、ホント記事出るまで内部で揉めるは彼一にまで文句は言うわ、それもこれも彼のせい!と躍起になるわって地獄絵図だったのに。

 

 

お腹を好かせたハイエナたちに餌が投げ込まれたみたいにみんな食いつく食いつく。

 

 

よっぽど飢えてたのね。

 

 

批判すること。それがワタシの生きる道…

 

 

みたいな人ばっかだからね。

 

その中で見かけたのだけど

 

 

私たちをアンリーと言うなら、普段彼がやっているのを彼がツイートしたら、彼もアンリーと言われるんでしょ!?

 

 

 

いやいやいや。

ちょ。

まって。

 

気づいて…!

 

 

た ち ば …笑

 

 

いいですかー。

よーくきいてね。

よそみしちゃだめだよー。

ほらほら、おはなしはちゃんときかないと、わからなくなっちゃうよー。

はーい、いいですかー?

 

 

彼と彼一はコンビを組む仕事仲間です。

さらに、本人たちの口から、何も言わなくてもわかり合っている友人とか家族とか、そういうのを超えた存在と言われている者同士です。

 

 

はい問題です。

 

じゃああなたと彼は、彼一にとって同じ立場でしょうか?

 

 

答えは、いいえ、全く別の立場です!となりまーす。

 

 

なんで彼と彼一が普段やってる何気ないやり取りや弄りが、あなたがやってるものと同じになるんですか。笑

 

 

あなた家族いるでしょ?

親友とか、仲のいい友達とか…いなかったら申し訳ないけどいるでしょ?

 

距離が近いと、多少いじりあったりしないの?

 

それを一つの愛情表現だったりネタだったりで一緒に笑うことないの?

 

 

近い関係同士でやるものと、他人がやるものとでは全く別です。

 

まっっっっっっったく別!です!

 

 

でもまぁ、アンリーも今情緒不安定なんだろうからな、もはや言ってることわけわかんなくても何かしら吠えないと生きていられないんだろうな。

かわいそうな人生。

 

とりあえずさ、彼らの解散願っても所詮他人だから声が届かないみたいだし、まずはツイッターで繋がってるお仲間とアンリー解散してみたら?

 

 

記者ってなんだよ

 

 

せっかく新しいCMの話題で盛り上がっていたのに、ネットニュースに某週刊記事がわざわざぶり返してましたね。

 

しかも悪意のある記事の見出しと書き始め。

 

内容もファンなら知ってるというか、ファンじゃなくても知ってる人いるようなことまで間違っており、アンリーの意見をファンの意見として書いてました。

 

記者はアンリーかな?

 

 

たびたびライブをキャンセル、足を引っ張る…なんて悪意しかないでしょ。

 

 

しかもさ、せっかく彼一の言葉と行動でアンリーが内部分裂し始めてたのに燃料投下しちゃって…

 

間違った情報やミスリードを促す書き方、情報の収集不足。

 

記者としてのプライドはないのか。

 

アンリーに対してよりも腹が立ったわ。

アンリーなんて所詮一般人。

アホなツイートで一般からは痛いのレッテル貼られてるから、信じる人なんてごく一部。

 

でも情報を発信する記者を名乗るものがそれをするとね、嘘の情報であっても流されるし信じる人も多くなるんですよ。

分からないのかな。

 

まぁ週刊誌ってそういうものでお金を稼いでいるので、いかに目を引くか、読んでもらうか、インパクトあるかが大事なんでしょうね。

 

記事のタイトル。

あれは明らかに彼が発端だとしか読み取れない書き方です。

内容を最後まで見れば違うということがわかっても、じゃあ一体どれだけの人が最後まで読むのか。

とくに興味のない人からしたら、タイトルだけ見る、さわりだけ読む人だって多いはず。

 

それをわかっているはずなのに、あんな記事を書くとは本当にひどいと思いました。

 

 

まぁ一番ツッコみたかったのは

 

 

デイリーの意味…!!!笑

 

 

でした。

2ヶ月前の記事(しかも雑誌に載せたのと丸々一緒)をデイリーって。

デイリーって。

 

 

アホかと思います。

 

 

他にもっと食い込んで取材したり報道すべきものが世の中にはあると思うんですけどね。

 

救いとしては、コメントの多くが記事への批判であったこと。

どうかこのネジ曲がった内容のまま一般に広がらないことを願います。

 

 

正直なところ、週刊誌ってほぼほぼ名誉毀損もののネタばっかだったりするよなぁと思ってもいます。

 

あーあ。

ひどい話だ。